バスが半額に!~精神障害者保健福祉手帳~

今日は障害者手帳についてお話していきたいと思います。

障害者手帳…聞いてことはあるけど申請はしていない。

そもそも何かメリットはあるの?と気になる方も多いと思うのでぜひ読んでいただけると幸いです。

 

精神障害者保健福祉手帳とは

精神障害者保健福祉手帳は、一定程度の精神障害の状態にあることを認定するものです。

精神障害者の自立と社会参加の促進を図るため、手帳を持っている方々には、様々な支援策が講じられています。

(引用:みんなのメンタルヘルス総合サイト)

精神障害者保健福祉手帳には1級から3級まであります。

等級の違いについては上記のサイトに詳しく記載してありますので、良ければご覧ください。

対象となる方

全ての精神疾患が対象となるそうです。

・統合失調症

・うつ病

・転換性障害

・てんかん

などなど…

 

手帳を取得するには

手帳を取得するには、医師から診断書を書いてもらい、

その精神疾患による初診から6ヶ月以上経過していることが必要になります。

手帳を取るメリット

手帳を取得することによるメリットは

等級やお住まいの地域によって大きく変わってきます。

私は3級なのですが、映画が安くで観られたり、イベントの入場料が安くなったり、

携帯が安くなったり、バスが半額になったりといったメリットがあります。

どんなメリットがあるかはお住まいの市区町村のホームページをご覧ください。

それから障害者雇用で仕事をする際は障害者手帳の取得が必要になります。

手帳の有効期間

 

手帳は取得してから2年という有効期間があります。

更新するもしないもご本人の意思ですので自由です。

 

結局手帳は取得したほうがいいのか?

 

手帳を取得するのは大きな選択になると思います。

特に精神障害者保健福祉手帳は取得するもしないも、本人の判断に委ねられる部分が多いと思うので、

取得するかどうかの判断は非常に難しいです。

私がなぜ精神障害者保健福祉手帳を取ったかというと、

私の場合病気が完全に治るものでもなく、これから長くこの病気と付き合っていくので

手帳を取得していたほうが日常生活の中で得られるメリット(バスが半額になる、映画が安くで観られるなど)が多いと思ったので、

取得しました。

でもいざ手帳を渡された日は「自分は障害者になってしまったんだ」と思い非常に悲しくなりました。

自分で手帳取るって決めたんですけどね💦

いざ手に取ると障害者というレッテルを貼られたようでショックでした。

なので、必ずしも精神障害者保健福祉手帳は取らなくてもいいと思っています。

メリットは少なからずありますが、それでも無理して取るものでもないなと、個人的には思っています。

実際、取得していなくても特に日常生活に支障はきたさないので、取得していない方は多いです。

私も普段はあまり使う機会がないですね。

特に3級だと得られるサービスがないので、一応持ち歩いてますが使うことは少ないですね。

まとめ

手帳を取る取らないは自由だと思います。

ご自身の心を一番大事にして選択してほしいなと思っています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心のケアが必要な思春期・青年期のソーシャルワーク [ 西隈亜紀 ]
価格:2860円(税込、送料無料) (2020/11/19時点)

楽天で購入

 

 

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA