本当のポジティブとは

私の知り合いにいつもいつも明るい方がいるんですね。

ある時私が友人関係で悩んでいた時に彼女に相談したら、

「気にしすぎだよ」と言われたんですね。

このブログをご覧になってる皆さんも言われたことがある方が多いと思います。

確かにその方はいつも明るいし元気だし、すごいなって思うんです。

そしてその方は自分のことを超ポジティブ人間だって言っていたのです。

でも私ふと思ったんです。その人の言うポジティブってほんとにポジティブなのかなって…

悲しいこととかつらいことがあったときに「それは気にしすぎ」とか

「元気出していこ」とか、そういう考えって、自分が今抱えているつらい気持ちに拍車がかかる気がしたんです。

そこでたまたまなんですが、とある精神科医の先生がYou Tubeでポジティブについてお話されていたんですね。

そのお話がとっても良かったので皆さんとシェアしたいと思います。

ポジティブ心理学

ポジティブに関して有名な話があります。

靴のセールスマンがアフリカに派遣されました。しかし現地の人は誰一人靴を履いていませんでした。

あなたならどうしますか?

 

回答として2種類あるかと思います。

誰も靴を履いていないから靴を履くニーズがないと判断して落ち込む

もしくは

誰も靴を履いていないということは大量の靴が売れるチャンスだと考えるか

この話が自己啓発の話としてあるそうです。

前者のほうがネガティブで後者がポジティブな考え方…と思いそうなところですが

ポジティブ心理学という学問から見たらこのポジティブはポジティブとは言わないそうです。

一般的に考えるポジティブでは後者の考えはポジティブなように思えますよね。

でもこれはポジティブ心理学においてはポジティブではなく、「無謀」と考えるわけです。

そもそも売れるかどうか分からないのに靴を大量に売ろうとしているわけです。

私たちが考えるポジティブとポジティブ心理学のポジティブは違うようですね。

 

真のポジティブとは

結論から言うと真のポジティブとは

「前向きに考える」ではなく、「冷静に情報を集め、正しく判断する」ということです。

先入観を持たずに色々な情報を集め、客観的に中立的に判断するのが、

ポジティブ心理学のポジティブなわけです。

だから先ほどの靴のセールスマンの話に置き換えると、

まずは靴を売る前にリサーチをする。あるいは現地の人に実際に靴を履いてもらって感想をもらう

そこから靴を売るかどうか、売るにしてもどのように売るかを判断していくわけです。

どうでしょうか。ポジティブ心理学のポジティブと私たちが普段考えているポジティブとはずいぶん差があるように思えますね。

 

まとめ

たとえば私のよくある体験としては、何日間かメールの返信が返ってこなかったりすると、

「あれ。無視されてるのかな」とかすぐ考えてしまうわけですね。

自分の体調が悪い時でいつもよりネガティブに考えがちなときは「自分は嫌われてるんじゃないか」と考えてしまうこともあります。

これは先入観だけで判断してしまっていますね。

この状況を冷静に判断できていないわけです。

後でその人から連絡があると実は試験勉強で忙しかったとか、ご家庭の事情があったりとかで返信できなかったということがほとんどです。

噂話なんかもそうですよね。誰誰さんがこう言ってたからそうなんだと判断するのではなく、

自分の目で確かめてきちんと状況を判断すれば、噂話に自分自身が左右されることもないわけです。

決めつけやネガティブな先入観を持たず、

冷静に客観的に情報を集め、中立的に本質を見極めようとすれば

私たちはもっと違う捉え方ができるように思います。

 

 

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA