カウンセリングは意味ないのか?〖結論〗効果あり。ただし人による。

「カウンセリングって何をしてくれるんだろ」

「そもそもカウンセリングって意味あるのかな?」

そんなふうに思われてる方は多いと思います。

今日はカウンセリング歴2年の私がカウンセリングを受けてきた経験を交えて、カウンセリングの効果などをお話ししていきます。

カウンセリングは意味ないのか?〖結論〗効果あり。ただし人による。

カウンセリングは意味ないのか?〖結論〗効果あり。ただし人による。

そもそもカウンセリングとは何をするのか

カウンセリングとは、専門の知識や技術を持つカウンセラーと相談者(クライエント、来談者とも)との対話を通じて、相談者の抱える困りごとの解決をサポートするものです。(中略)カウンセリングには美容相談や法律相談など広義のカウンセリングと、心理療法や精神療法のことを指す心理カウンセリングがあります。
(引用:LITALICO仕事ナビ)
臨床心理士や、公認心理師など心の専門家が専門の知識と技術を使って、私たちの悩みや困りごとを解決するサポートをしてくださいます。
それから知能検査もこういった心の専門家がしてくださいます。

カウンセリングの効果と注意点

自分の認知のゆがみに気づける

私は1年間「認知行動療法」を受けていました。
認知行動療法について詳しくは以下のページをご覧ください。
https://snabi.jp/article/39

方法はノートに日常生活で起こったこと、それに対してどう思ったかを書いていき、カウンセリングの際にそのノートをカウンセラーに見せる。
そこでなぜその時自分はそう思ったのかをカウンセラーとの対面で見つけていき、自分の認知のゆがみに気づく。
こうすることで自分自身の深い部分を知っていくことが出来ます。

感情や情報のデトックスになる

まず自分の悩みや辛さを吐き出すことで気持ちが楽になります。
それから発達障害や精神障害、HSPの方は感覚過敏の方が多いので、日常的に多くのストレスにさらされています。
今の世の中は多くの情報であふれかえってるので、情報過多状態であるとも言えます。
日頃多くの情報をインプットしているため、カウンセリングによってその情報をアウトプット、つまりデトックスすることで自分の中にある不必要な情報を捨てることが出来、心に余裕を持てるようになります。
ここでいう情報とは世の中にあふれている「情報」のみをいうのではありません。日常的に誰かから投げられた心無い言葉も不必要な「情報」になります。
心に余裕を持てると自分にも人にも優しくなれます。
常に切羽詰まった状態だと自分にも他人にも厳しくなってしまい、自分をどんどん追い詰めてしまうことになります。
それは精神的に非常につらいことです。
ですのでカウンセリングによって自分の心の中に蓄積された不必要な「情報」たちをデトックスすることで、心にゆとりを持つことが出来ます。

注意点

認知行動療法の場合は特にそうなのですが、カウンセリングの効果が表れるのは基本的に時間がかかります。その場ですぐに解決とはいかないことが多いです。1回のみで終わる方も中にはいると聞きますが、多くの人は継続的にカウンセリングを受けることになります。
それからカウンセリングにも人によって中身が変わり、アドバイスをせずひたすら傾聴するやり方と、具体的にアドバイスをしてくるやり方と、教育的な意味合いを持ってカウンセリングをするパターンがあります。
これはカウンセラーもしくは医師側が判断することなので、どういう基準で分けているのかは分からないのですが、カウンセリングの方針と自分の意思を合わせていかないとなかなかキツイものになります。
私の経験談を少しお話しさせていただくと、結果的に私は2年でカウンセリングをやめてしまったんですね。それはなんでかというと、私のカウンセラーは傾聴もしてくれるのですが、アドバイスも多かったので、情報過多になってしまいました。私は発達の特性上、耳からの情報に脆弱で、すぐにキャパオーバーになってしまいます。ですので、カウンセラーから多くのアドバイスをされると精神的につらくなってしまい、結果的にやめてしまいました。あとはそのカウンセラーとはあまり相性もよくなかったので、うまくいかなかったのかもしれません。
カウンセラーも人間なので、相性の問題も出てきます。もし合わないなと感じた時はすぐ医師に相談するようにしましょう。

カウンセリングの対象者と料金

対象者

精神疾患を持っている人はもちろん、持っていない人、また子どもや学生幅広い年齢層が受けることが出来ます。
もし精神科に通っている場合は、まずは主治医にカウンセリングを受けたい旨を伝えて、受けられるかどうか確認しましょう。今はクリニックにカウンセラーが常駐していることも多いので、予約が取れればカウンセリングを受けられる可能性が高いです。
もしお子さんがカウンセリングを受けたい場合、まずは学校のスクールカウンセラーや保健室の先生に相談しましょう。そうすると場合によっては適切な機関を紹介してくれます。
私は高校生の時に保健室の先生からカウンセリングを進められて、「東京都教育相談センター」https://e-sodan.metro.tokyo.lg.jp/を紹介されました。ここではまず親子でそれぞれ別のカウンセラーがつき、分かれてカウンセリングをした後、もし継続したカウンセリングを希望した場合は、継続してカウンセリングを受けることが出来ます。

料金

地域や個人クリニックか民間の病院かで変わってくるのですが、1時間ほどで5000円~10000円ほどします。
保険診療か自由診療かにもよりますが、病院によっては治療方針でカウンセリングが必要とされた場合、診察とセットであればカウンセリングを自立支援医療制度の中で受けられることもあります。
学校や先ほどご紹介した東京都教育相談センターの公共機関でカウンセリングを受けられるのであれば、お金はかかりません。

まとめ
カウンセリングは効果があるが、カウンセリングの方針とカウンセラーとの相性によって変わる。しかしそれは受けてみないと分からないことなので、一度カウンセリングを受けてみる価値あり!

 

 

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA