精神科の費用が安くなる!~自立支援医療制度~

精神科の診察代ってとっても高いですよね。

その負担を軽くする制度として「自立支援医療制度」というものがあります。

今日は「自立支援医療制度」についてお話していきます。

自立支援医療制度とは

自立支援医療制度は、精神科の外来通院で使えるものである。

所定の手続きをして精神科病院(またはクリニック)と薬局を1か所に指定すると、保険診療の自己負担が1割になり、

さらに世帯の収入に応じて1か月の自己負担分に上限があり(2500~2万円)、

上限を超えた分については支払わなくてよいという制度である。

(引用:心のケアが必要な思春期・青年期のソーシャルワーク)

 

精神科の通院というのは1回では終わりません。

時間をかけて治療していくのでそれだけ経済的負担が重くなります。

病院の診察は3割負担ですが、この制度を利用すると1割負担になります。

私もこの制度を利用していて、毎回の診察代は500~1000円くらいで収まることが多いです。

医師の診察だけでなく、薬代・デイケア、訪問看護ステーション、作業療法、心理テストなどでも利用することができます。

 

対象となる方

精神障害(てんかんを含みます)により、通院による治療を続ける必要がある程度の状態の方が対象となります。

・統合失調症

・うつ病、躁うつ病などの気分障害

・薬物などの精神作用物質による急性中毒またはその依存症

・PTSDなどのストレス関連障害や、パニック障害などの不安障害

・知的障害、心理的発達の障害

・アルツハイマー病型認知症、血管性認知症

・てんかん

など

(引用:自立支援医療(精神通院医療について))

精神科に通院する人はほぼほぼ利用できるのではないかと思います。

手続きについて

この制度を利用するには医師の診断書が必要です。

主治医の先生に「自立支援医療制度を利用したいので、診断書を書いてくれますか」とお願いすれば

普通に書いてくれると思います。

申請はお住まいの市町村の担当窓口で申請できます。

申請に必要なものがいくつかありますので、お住まいの市町村のホームページをご覧になってみてください。

 

その他

非課税世帯については、自己負担である1割分を助成する独自の制度を持っている自治体があり、

精神科の外来医療費が実質無料となる地域もある。

(引用:心のケアが必要な思春期・青年期のソーシャルワーク)

 

精神科に通院するのは長期になるので、なるべく経済的負担を減らしたいものです。

もし分からないことがあれば、病院やクリニックに一度聞いてみてもいいかもしれません。

利用できる制度は利用していくのがいいと個人的には思うのですが、

精神科に入院しているときに、知り合った方が自立支援医療制度をあえて利用していませんでした。

理由はこの制度の名前である「支援」という言葉が引っかかってしまっていたそうです。

「自分は支援されている」そんな感じがして、この制度を使えないとお話されていました。

 

この言葉の話はすごく多くて、

そもそも「障害」じゃなくて「障碍」にしたほうがいいんじゃないかとか、

「障害者総合支援法」ももともとは「障害者自立支援法」だったので、名前による問題というのは長い間議論されてます。

人それぞれ考えがあるので本当に難しいなと思います。

この制度を利用する・しないは自由だと思いますが、

こんな制度があること知らなかった!という方のお役に立てたら何よりです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心のケアが必要な思春期・青年期のソーシャルワーク [ 西隈亜紀 ]
価格:2860円(税込、送料無料) (2020/11/19時点)

楽天で購入

 

 

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA