原因自分論

原因自分論

 

最近人間関係でひどく考え込んでしまったことがありました。

そんなときYou Tubeで「原因自分論」について解説している動画を観たんですね。

この考え方が私にとってとても良かったので、今日は「原因自分論」についてお話していきます。

 

原因自分論とは

「全ての物事は自分に原因があると考えること」

ここで注意点なのですが、全ての「原因」は自分にあったと認識するということであって、

「自分が悪い」と捉えることではないということです。

原因他人論

「原因自分論」の逆が「原因他人論」です。

例えば、経営者や上司が部下に対して

「うちの社員がポンコツだから」だと理由付けすること。

経営者に限らず会社員であれば

「うちの上司が悪い」と考えること。

他人に原因があると考えることですね。

「原因自分論」の例

とある経営者さんがいます。

社員さんとトラブルがあり、ある日辞めてしまいました。

そこでその経営者さんは社員さんを「根性がない」と見るとします。

これだと「原因他人論」になるんですね。要は相手に問題があると考えることです。

でも雇ったのは誰でもない自分なのです。もっと根本的なところから考えるわけです

雇ったのは自分だけど、そもそもその社員さんとは考え方が合わなかったのかもしれない。

注意点として、原因は自分だけど、自分が悪いわけではないということです。

大事なことは自分がいくら頑張っても他人は変えられないということです。

 

最近あった私の話

「原因自分論」を踏まえて、最近あった私の出来事を考察したいと思います。

 

趣味用のTwitterのアカウントがあったんですね。

そこで繋がった人たちと連絡先を交換して時々電話で話したりしていたんですね。

そしたらある日その仲良くなった人たちが集団で一気に私のTwitterのアカウントをブロックしてたんですね。

私基本的にTwitterは見る専門であまりツイートもしないし、仕事で忙しかったので、

そもそもその人たちと連絡を取ってなかったのですが、なぜか知らない間に3人から一気にブロックされてました。

考えても考えてもブロックされた原因がわからず、(そもそも連絡自体を取っていない)

そのブロックされた人の一人にLINEしてみたんですね。

そしたら「いや。実は小耳に挟んだことがあって…よくわからなくなったというのが本音かな」と言われたんですね。

そこで私は「もし負担じゃなければその小耳に挟んだことを教えてもらってもいい?」と聞いたんですが、

そこから既読無視されてしまいました。

そこでその3人と仲良くしていたとある人にLINEで相談したんですね。

そしたら「ブロックされたものはしょうがないから、もう引くしかないんじゃない?」と言われました。

私はもし自分が原因で相手の人に不快な気持ちにさせてしまったら謝りたいと思ったので、

理由を聞いてみたのですが、「教える義理はない」と言われてしまいました。

「親友でも家族でもない人に教える義理はない」と…

とにかく終始怒っておられて…

その後は静かに身を引きました。

 

この一件を原因自分論で考えてみたいと思います。

そもそも人間的に合わなかったのかもしれません。

しかしその人と繋がることを選択したのは自分です。

そもそもどんな人かも知らない、実際に会って話したこともない人と

LINEを交換するというのが間違っていたのかもしれません。

それからそのブロックした人の一人に、ある日人生相談を受けたんですね。

そこで自分の障害や病気のことを踏まえてお返事したんですね。

それが最後のやり取りだったので、もしかすると精神障害と聞いて相手が離れて行ってしまったという説もあるなと思いました。

と考えると、会ったこともない、どんな人かも知らない人に障害のことを話すものでもないのかなと思いました。

自分としては相手の相談に一生懸命お答えしたつもりだけど、相手はただ聞いてほしかっただけかもしれません。

それから「私に原因があったら教えてほしい」というのは相手にとっては負担になるのかなと思いました。

「それはあなたが知りたいだけで自己満足なだけじゃないの」と言われました。

だから教える義理はないというのはその通りなのかもしれません。

そこまであなたと深く付き合うつもりはないと言っているのだと思います。

私はTwitterに深い繋がりを求めていたのかもしれません。

その小耳に挟んだことが一体なんだったのか、真相は闇の中です。

考えても考えてもわからないので、考えても仕方がないのかなと思いました。

ただ今回の件で得た学びは、もっと付き合う人を選ぼうということと、

「私の何が悪かったのか教えてほしい」というのは、人によっては負担になるということと、

SNSでの繋がりは浅いものだということ、障害のことを言うのは人を選んで言おうということです。

 

まとめ

 

原因自分論は物事を客観視するためにあるということ。

だから自分が悪いんだ。自分が悪いからしょうがない、我慢しようとか

そういうことではないということです。

もっと根本的なところを掘り下げて考えてみるということです。

しかしこの作業は大変エネルギーをつかうものでもあると思います。

でも今起きたトラブルは実はずっと前から抱えていた問題が表面に出てきただけかもしれません。

原因自分論で自分のことも他人のことも否定せず、より客観的に冷静に物事を判断し、選択できるようになりたいなと思いました。

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA