聴覚過敏

発達障害を持つ女性は

色んな刺激に非常に敏感になると聞きます。

例えば服の素材。
綿100%じゃないと肌に当たる感じが気になるとか。

光とか。

私の場合だとそれが「音」なんです。

色んな人の声が飛び交ってる所とか、大きな駅
(人の声や車の音、街中の電光掲示板の音とかが混在してる)とかがとても苦手です…

知能検査の結果で

私は耳からの情報に弱いという結果が出ました。

知能検査の中で試験官が言った言葉や数字を

繰り返し言うという検査があったんですね。

 

それが全く出来ませんでした。

文字や数字を3つくらいまでは覚えられるのですが、

4つくらいからになると覚えられない上に

反復して言うことも難しくなります。

たくさんの情報を一度に処理することが苦手なんですね。

だから多くの情報が行き交う場所なんかがとても苦手です。

あとはテレビもとても苦手です。

特にバラエティですね。

色んな人が色んなことを言っていたり、

笑い声だったり、

そういう音がいっぺんに入ってくると

すごく疲れてしまいます。

なので私は基本的にテレビは観ません。

ただ不思議なことに

視覚から得た情報に関しては人並みに処理出来ているということが分かりました。

この前記憶障害をお持ちの方にパソコンを教える機会がありました。

その方は数分前にやったことも忘れてしまっていたので、

最初はどうやって講座を進めていこうか頭を悩ませました。

そこでふと自分のことに置き換えて考えてみたのですが、

自分が発した言葉をそのまま全て黒板に書いていくのはどうだろうかと思いました。

結果的にその方法は大成功でした。

情報を視覚化するというのは、記憶の定着にとても効果的なようです。

私が耳からの情報に弱いということが分かってからは

基本的に視覚から情報を得るようにしています。

その1つとして本を読むことを意識的に取り入れてます。

ニュースなんかもネットの記事から見たりします。

テレビだと一方的に情報が流れてきてしまうので、

見たくないものを見てしまうことも多いかと思います。

視覚からの情報であれば

情報の取捨選択が出来るので

見たくないものは見ないようにしています。

でもそれでも街中に出れば色んな音が聞こえてきますよね。

そういう時はイヤホンをしています。

でも音楽とかは流さないです。

要は耳栓代わりですね。

ほんとに耳栓しちゃうと何も聞こえなくなっちゃうので、

イヤホンだと丁度いい感じに音がシャットダウンされるので

私は大きな駅に行く時なんかはイヤホンをしています。

耳からの情報ではなく、

視覚からの情報を取捨選択して

少しでもストレスを減らす

その方法として

テレビをなるべく見ないようにする

ネットニュースや本を活用する

街中ではイヤホンをする

もしよかったら試して見てください

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA