なんとなく気付いたこと(解離性障害・境界知能の闘病日記 2021.10.10)

なんとなく気付いたこと(解離性障害・境界知能の闘病日記 2021.10.10)

私が発作(歩けなくなる、失語、失立、過呼吸、焦点が合わなくなる等)を起こすときは、情報過多とかストレス過多になるときもそうだけど、
「誰かに構ってほしい」「気にかけてほしい」というのを、発作で表している気がする。
意図して発作を起こしているわけではないけど、
完全に一人でいるときは発作が起こりそうでも、一人だからしっかりしなきゃ!とどこか冷静さを残しているのに、
逆に誰かといるときのほうが発作を起こしているような気がする。
でもこれじゃ何も変わらないと思った。
構ってほしい・気にかけてほしいなら、自分の気持ちを自分の言葉で表現しないと。気付いてもらおうとするのは違うかなと思った。

なんで構ってほしい、気にかけてほしいと思うのか分からない。
親にはたくさん気にかけてもらって育ってきたと思う。
というより逆に気にかけてもらい過ぎていたと思う。
私は何を求めているのか分からない。
何が足りないのか。
だから、自分が求めているものをきちんと与えてくれない人を見ると違和感を覚えるようになった。
特に付き合っている人。
その感覚が正しいと思っていたし、与えてくれない人が悪いんだとすら思っていた。
けど、今付き合っている人は大好きだけど、私が思うこと・考えること、私が思うように全て行動してくれるわけではないと気付いた。
だからそこに一種違和感があった。
なぜなら家族は私が困ったときは全部与えてくれたから。与えてくれないとイライラしたし、ひどいときはお金を要求するときもあった。
だから私にとっては今付き合っている人が、病気になって初めて自分の思い通りに全て動いてくれない身近な人。
だからいまだにどう接したらいいか分からなくなる時がある。うまくいかなくなったらすぐに分かれる選択肢しか浮かばない。
話し合いをして解決するという手段が思いつかなかった。家族にも交際を反対されているし、話し合いなんて無駄だと思った。
でも今お付き合いしている人は、私が別れ話をしたときにきちんと話をしようと言ってくれた。
嫌なことがあったら何でも言ってほしい。別れるという前にお互い納得がいくまできちんと話をしようと言ってくれた。
親は彼のことを口ばっかりで中身が伴っていないと言った。
けど別れ話が一度浮上してから彼と毎日改めてお互いについて話し合いをしてきた。
つまづくこともあるけど、それでも私は今までとは何かが変わってきた気がする。
友達との付き合い方も変わった。
今までみたいなガーっと近づいてきたと思ったら、バッと離れるみたいな関係性がなくなった。
お互いのプライバシーを守って距離感を図るようになった。

8月に体調を壊したのは、彼と付き合ったばかりだったから、私にとってはあらゆることがよくわからなかったから。
人と付き合うという経験もまともにしたことがなかったし、距離感も何も分からなかった。
楽しいこともあったけど、同じくらい大変なことが多かった。
だからこの5か月間ずっと葛藤してた。情調も不安定だった。
私が不安定だったから、親は心配して、私と親は喧嘩も絶えなかった。(今もだけど…💦)
交際はいまだに反対されている。
彼も私も未熟な部分は大いにあると思う。反対されても仕方がない部分はあると思うけど、それでも一緒にいたい、一緒に頑張りたいと彼は言ってくれた。

彼は付き合う前から態度が全く変わらない。
私がどんな状態になっても好きだと言ってくれる。それでも一緒にいたいと言ってくれる。
私は彼と付き合っている中で、何もかもが初めてでよくわからないことがたくさんある。
別れたほうがいいのかなと思うことも実はたまにあるけど、その前にきちんと話し合いをしようと思った。
話し合いをするとすごく心が落ち着く。
彼と一緒に入れてよかったと思うし、幸せな気持ちになる。
だからもうちょっと頑張ってみようと思う。

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA